掲示板[全件一覧]
12345

web管理者2018/01/31 17:44:15




12345

 
琴工 NEWS&TOPICS
12345
2018/06/19new

電気科3年A組が北電南九条変電所へ施設見学で訪れました

| by 電気科
 6月19日(火)、電気科3年A組38名の生徒が、北海道電力南九条変電所にて施設見学を実施しました。
 同変電所は札幌市内への電力供給を担っており、生徒も発電所から送電された電気を安定供給するために備えられた
設備、装置についての説明を大変興味深く聞き入っておりました。
 今回、施設の見学と案内、説明を受け入れてくださった北海道電力様、お忙しいところありがとうございました。

  

  
 6月21日(木)には電気3年B組の生徒の見学を予定しております。
18:06
2018/06/10

高校生ものづくりコンテスト旋盤部門北海道ブロック大会に出場しました

| by 電子機械科

 6910日と札幌工業高校で開催された第18回高校生ものづくりコンテスト機械加工旋盤部門北海道ブロック大会に電子機械科3年B組土屋君が出場しました。3時間以内で課題を作成する競技で時間オーバーなど失格者が出る中、時間内に課題を何とか完成させることができました。結果は優良賞を頂き、約半年間努力した結果が出ました。


今度は8月に石川県で20歳まで参加できる若年者ものづくり大会に参加します。今回の反省を活かし頑張って練習をしていきたいと思います。

若年者アドレス → http://www.javada.or.jp/jyakunen20/


  


12:36 | 教科・学科
2018/06/08

ウエイトリフティング部 7名の選手がインターハイへ

| by ウエイトリフティング部

6月8日(金)に本校の体育館を会場に第47回北海道高等学校ウエイトリフティング選手権大会が行われました。

学校対抗戦では2連覇(7回目)での優勝という結果でした。

個人戦では男女合わせて7階級を制し、7名の選手がインターハイ出場を決めました。

 

団体結果 優 勝

個人結果

 佐々木 暁

 (電子機械科2A組)

 女子48kg

 優勝

 インターハイへ

 橘   歩花

 (電  気科2B組)

 女子53kg

 優勝

 インターハイへ

 板垣 真衣

 (電子機械科2A組)

 女子75kg

 優勝

 児玉 篤哉

 (電  気科2B組)

 男子56kg

 優勝

 インターハイへ

 吉田   寛

 (環境化学科1A組)

 男子62kg

 2

 

 中村 瑞紀

 (電子機械科1B組)

 男子62kg

 3

 

 清水 虹希

  (情報技術科2B組)

 男子69kg

 優勝

 インターハイへ

 長田 知也

 (電子機械科2年B組)

 男子69kg

 3

 インターハイへ

 菅原 楓生

 (電子機械科3A組)

 男子85kg

 優勝

 インターハイへ

 中内 恭太

 (電子機械科3A組)

 男子94kg

 優勝

 インターハイへ

 大泉 優斗

 (情報技術科3B組)

 男子94kg

 3

 

 安彦  怜

 (電子機械科2B組)

 男子105kg

 2

 

 山保 翔太

 (電子機械科2B組)

 男子+105kg

 2


   
  


ご声援及び会場設営等お手伝い頂きありがとうございました。全国大会に向けて今後も精進していきます。



08:12 | 部活動
2018/06/08

電気科3年B組が『あと施工アンカー施工技術講習会』を受講しました

| by 電気科

 6月7日(火)の2校時~6校時の授業において、『あと施工アンカー施工技術講習会』を実施しました。

 

 
 外気温が高くなり、教室内の室温も上がったことから、講師と生徒の体調面が心配されましたが、無事に講習会の日程を終えることができました。

 

 
 電気科の生徒の卒業後の就職先は、建設業界(電気工事業)が主となるため、単に電気の知識や電気工事に関する資格だけが求められるのではなく、工業全体に関する安全管理や様々な工具取り扱いに関する知識が必要になります。


 日本ヒルティ株式会社様のご協力により、現場における安全とは何か、自らの命を守るために備え付けなければならない保護具とその役割について、学校の授業ではなかなか伝えきれない部分を教えていただきました。

  


 日常生活において、木材に穴を空けたり、ドライバーでネジを壁に打ち込んだりすることはありますが、コンクリートに穴を空ける場面はそうあるものではありません。そういう点からも、コンクリートに穴を空けるためにはどのような電動ドリルと刃が必要なのか、安全に作業するために必要な保護具は何かを学ぶことができました。

  


 最後に理解度を確認するための筆記試験が行われました。3年生全員が無事に合格することができ、後日修了証を手にすることができました。

 


 本校電気科は、地域の企業と連携した様々な取り組みを行い、教育の幅を広げ生徒を少しずつ成長させています。社会に出るために必要なスキルを身に付けさせるためには、学校教育にプラスして地域社会のお力添えを頂かなければなりません。

 
 日本ヒルティ株式会社様におかれましては、お忙しい中本校電気科のためにご尽力いただき誠にありがとうございました。

電気科のパンフレットも併せてご覧下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.sapporokotonikougyou.hokkaido-c.ed.jp/?page_id=93''


08:11 | 教科・学科
2018/06/05

電気科3年A組の生徒『あと施工アンカー施工技術講習会』を受講しました

| by 電気科

 6月5日(火)の2校時~6校時の授業において、『あと施工アンカー施工技術講習会』を実施しました。

 
 

 本校電気科では、望ましい勤労観と職業観の育成、進路意識の高揚や社会性の育成を図るため、資格取得に対する指導や工場見学ならびに実際の産業現場におけるインターンシップ等を実施しております。

 電気科の進路状況は、約8割の生徒が就職で2割が進学となっています。就職先は、道内外、市内の電気工事業界が多数を占めています。このような中で、現場における施工内容や立地条件、安全に業務を遂行する上で必要となる知識や態度、実際に用いられる工具を手にした体験作業等を行い、電気工事業に対する理解をより一層深めさせる必要性があります。

 市内電気工事会社様とのご縁の中から、電気工事業への興味をより一層引き出し、業界へのスムーズな移行を目指すために、学校と産業界が連携しながら何ができるかを話し合ってきました。その中で、日本ヒルティ株式会社様のご協力をいただくこととなり、標記講習会を電気科で初めて実施することになりました。

 プログラムは次の通りです。

   10:00~10:10  開会式、あいさつ
   10:10~10:25  班分け
   10:25~10:50  講習聴講1(安全について知る)
   11:00~11:30  講習聴講2(あと施工アンカーについて知る)
   11:30~11:50  実技体験1(レーザー距離計で長さを測ろう!)
   11:50~12:35  昼休み
   12:35~13:25  実技体験2(アンカーを施工してみよう)
   13:35~13:55  品質管理試験(アンカーは何kgまで耐えられる?)
   13:55~14:25  筆記試験
   14:35~14:55  質疑応答
   14:55~15:25  表彰、閉会式

 
 
  
 

 
 聴講と実技を織りまぜながら、建設現場における安全管理、アンカーについての基礎知識、特殊工具を用いた実技体験(レーザー距離計・アンカー施工)、そして最後に理解度を確認するための筆記試験が行われました。なお、筆記試験に合格しなければ受講修了が認められません。

 

 
 現場では当たり前に利用される工具ではありますが、就職する前に触れたことがある、見たことがあるというのは、今後に大きな意味を持つものと考えています。学校に備わっていない特殊工具を使用できるなど大変貴重な経験を積むことができました。生徒は大変熱心に取り組みました。

 
 次は7日(木)に電気科3年B組で実施します。

 
 日本ヒルティ株式会社様、大変ありがとうございました。


17:33 | 教科・学科
2018/06/05

ソフトテニス部インターハイ全道予選会結果

| by ソフトテニス部
 6月5日から北見で開催されたインターハイ全道予選会に参加してきました。大会期間中で気温30度の日もあれば、10度の日もあるという過酷な状況で大会は開催されました。
 個人戦は、全部で5ペア出場するも、田辺・金子ペアの3回戦がベストな結果でした。
 また、団体戦は1回戦で小樽桜陽に3-0で勝利するも、2回戦では函大有斗に1-2で逆転負けという結果でした。3年生は実質この大会が最後の大会でしたが、彼らの頑張りは後輩に引き継がれ、今後1・2年生が奮闘してくれるものと期待します。

        
17:00 | 部活動
2018/06/04

全道大会・硬式野球部支部大会壮行会

| by 生徒会指導部

平成30年6月4日に全道大会・野球部支部大会の壮行会が行われました。

今年は、6部活動、総勢50名が全道大会に出場します。また、高校生ものづくりコンテストへ5名の生徒が出場します。さらに硬式野球部が選手権記念大会支部予選に参加します。

各部活動の代表者から大会に向けての決意表明に、大きな拍手声援を送りました。

選手の皆さん、今までの練習の成果を出し切ると共に最後まで正々堂々、琴工の代表として誇り高い姿勢での勝利を期待しています。

 

 

 


18:00 | 学校行事
2018/05/31

卓球部 高体連札幌支部大会に参加しました。

| by 卓球部
5月28~30日に高体連札幌支部大会が行われました。結果は、
学校対抗戦 男子 1回戦 千歳高校に1-3で敗退
個人戦 ダブルス 男子 廣田(電気科3年)・濵田(電子機械科3年)組、小林(電子機械科2年)・田中(情報技術科2年)組 1回戦敗退
            女子 小寺(環境化学科2年)・山田(環境化学科2年) 2回戦敗退
      シングルス 男子  小林(電子機械科2年) 3回戦敗退
                   相内(電子機械科3年)、廣田(電気科3年)、髙橋(電子機械科2年) 2回戦敗退
                   田中(情報技術科2年) 1回戦敗退
              女子  小寺(環境化学科2年)、山田(環境化学科2年) 2回戦敗退

18:01 | 部活動
2018/05/25

陸上競技選手権大会札幌支部予選会

| by 情報技術科
5月22日(火)~5月25日(金)まで札幌市厚別公園競技場において、第71回札幌支部高等学校陸上競技選手権大会兼第71回北海道高等学校陸上競技選手権大会札幌支部予選会に参加しました。少人数ではありますが平野先生指導の下、日頃の練習の成果を発揮することができ、5名が自己新記録をだし、男子円盤投では電子機械科の熊倉が第2位に入り、全道大会へ出場します。

14:00 | 部活動
2018/05/24

バドミントン部 札幌支部選手権大会に参加しました。

| by バドミントン部
平成30年5月21日~24日に野幌総合運動公園体育館にて行われた第70回札幌支部高等学校バドミントン選手権大会に参加し、以下の成績を収めました。

男子団体戦
第1回戦 VS千歳北陽高校 3-0 琴似工業の勝利
第2回戦 VS北海道科学大高校  3-0 琴似工業の勝利
第3回戦 VS札幌第一高校 0-3 琴似工業の敗北

第3回戦敗退という結果でした。

個人戦
電気3B原 拓也 情報3B芳賀優太ペア 男子ダブルス 3回戦敗退
機械3B上林恭輔 環境3B佐藤輝一ペア 男子ダブルス 1回戦敗退
情報3B中野玲央 男子シングルス 1回戦敗退
機械3A桑山 颯 男子シングルス 1回戦敗退

多くの三年生はこの大会で引退となります。
二年生、一年生中心に新しいチームで頑張りたいと思います。


17:23
12345